エタラビの評価が二分している原因

中途解約できるけれど

他のサロンと同様、中途解約できます。ただ、問題が解約手数料なのです。他のサロンでは、例えば6回コースで3回やって解約となると、手数料がいくらか加算されますが、それでもほぼ半額戻ってきます。それがエタラビでは全身脱毛のコースを2回通って解約となると、すでに戻ってくるお金はほぼないのです。これがエタラビの評価を二分させている原因なのです。もちろん途中でやめないのが一番ですが、何らかの事情でやめざるを得なくなった場合、2回やっていたらもう返金はないというのはちょっといただけないと思うのは当然です。ただ、これに関しては初回カウンセリングでしっかりと説明があります。そのため解約の際に知らなかったでは済まされないのです。途中でやめる可能性がある方は、エタラビ以外のサロンにした方がいいかもしれません。

引っ越しの場合は店舗を移動しましょう

引っ越しで今の店舗に通えなくなるという方は店舗を移動することもできます。ただ、エタラビでは予約がとれないから今日はAという店舗、次回はBという店舗と気軽に店舗間を移動できません。契約店舗を移動するには一通りの手続きが必要になるので、どこにするのかしっかり決めておくべきです。
このようにエタラビにはいくつか問題点がありますが、それは他のサロンでも言えることです。すべてがパーフェクトなサロンと言うのはまずないと思っていいでしょう。あるかもしれませんが、ほとんどの場合値段が高いです。リーズナブルで高品質となると、どこかに欠点があるのは仕方ないわけです。
中途解約と店舗間移動はちょっといただけませんが、脱毛技術は素晴らしいですし、タオルなどのリネン類は高級ホテル仕様、剃り残しのシェービング無料というのは利用者にとっては非常に魅力的なサービスです。特にシェービング無料というのは大きいです。念入りにシェービングし過ぎてカミソリ負けでは照射すらしてもらえない可能性があるので、これは嬉しいサービスなのです。それにバスタオルがいつもふかふかというのも大きな魅力なのです。全身脱毛ともなるとほぼ全裸で進むわけですから、肌に直接触れるものにこだわりたいところ。ふかふかの気持ちいいタオルやガウンで施術を受けられるのは、実はとても重要なのです。
もちろん途中でやめる可能性があるなら避けるべきですが、そうでないならエタラビは利用者の評価が高く、これから脱毛したい人が選びたくなる脱毛サロンなのです。

 

 

関連:自分の意向で通える脱毛サロン